ホーム > コラーゲン > コラーゲンを摂取しただけでは不十分なワケ

コラーゲンを摂取しただけでは不十分なワケ

人間の体に存在するたんぱく質で最も多いのはコラーゲンで、皮膚のすみずみまで栄養や酸素を届ける働きをします。

 

弾力のあるコラーゲンが、肌のハリに役たちます。体内合成されるものなので、コラーゲン豊富な食品を大量に食べたからと言ってそのまま効果を得られるという理由ではありません。ビタミンCと同時に良質なたんぱく質を摂ることが大切です。

ビタミンB群はビタミンB8種の総称で合わせて摂取することでさらに効果的に働く性質があります。

 

 

 

疲労回復効果のあるビタミンB1を始めとして、細胞の成長を増幅させるビタミンB2、タンパク質をエネルギーに入れ替えるビタミンB6、赤血球を製造し脳神経が問題なく機能するように保つビタミンB12など、それぞれ違う役割を果たします。

 

健康の補助食品として乳酸菌のサプリメントを毎日利用しているという方がいらっしゃいます。そのような人にお薦めなのは、乳酸菌だけではなくオリゴ糖などもふくまれているサプリメントを試してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

オリゴ糖を配合することで組み合わせることで元からある乳酸菌が活発になるのみならず、摂取して取り入れて乳酸菌も腸内で定着しやすくなるようです。マグネシウムは骨を形成する成分であり、エネルギーを生産したり、筋肉を使ったり、神経伝達の放出やホルモンの分泌など携わっています。欠乏すると、筋肉や心臓の不調、肉体疲労を感じやすくなったり集中力の低下につながります。過度なストレス(過剰に受け続けると、心身の健康を損なってしまう恐れがあります)やお酒の過剰摂取はマグネシウム不足を招きやすくなります。

 

特定の一種の成分を多く摂りたいときに、食料品の場合は他にも多彩な物質がふくまれているのである成分だけが極端に多くふくまれるということは通常ありません。

しかしサプリメントなどの場合は特定のある成分や栄養素(不足していると、体調不良が起こってしまいますし、食欲が異常に湧いてくるなんてことも)が小さいカプセルや錠剤などに高濃度で入っているため食べ物と比べて過剰摂取になりやすいのです。

 

健康食品の中でも有名なローヤルゼリーは女王蜂のエネルギー源ともなっています。

働き蜂が体内で合成した分泌物でどろっとしたクリーム状の物質となり、成虫になれば最盛期には日に2千個もの卵をうみ続け、働き蜂の寿命と比べると30~40倍もが長生きするという女王蜂の栄養とエネルギーの元となります。

ローヤルゼリーにふくまれる栄養価は、不老不死の薬として中世ヨーロッパの時代(最近では、平成生まれの人も珍しくなくなりました。

 

年号が変わるとすごく昔のような気がしますね)から珍重されていたほどに高い栄養価の物です。カリウムには体内のいらない水分を排泄する働きがあります。

 

ナトリウムは水分を増やすのに反して、真逆な働きをするのはカリウムです。

 

塩辛いものや飲み物の取り過ぎでむくみの症状(時には説明が難しいですが、できるだけ伝えるようにがんばってみるといいかもしれません)が出ている時は、カリウムを取り入れると改善します。

近頃の食生活では、塩分過多になる傾向があるので、努めてカリウムを摂る必要があります。健康食品は食品だから安心なはずという考えは罠に引っかかることになります。

健康食品の中でも特定の構成物だけを濃縮して高濃度となっているものがあるので、服用する方の年によりは用心する必要があります。

 

特別におこちゃま用のモノは別として基本、6歳以下のお子様は摂取をしない方がいいでしょう。子供の受験をサプリメントで応援