ホーム > 注目 > エレベーター管理会社をいくつか比較してみた

エレベーター管理会社をいくつか比較してみた

エレベーター管理会社を比較してみるとメーカー系と独立系があり、やはり独立系のほうが費用が安くなります。

 

メーカー系だとそのメーカーが製造しているエレベーターしか管理などをしませんが、独立系だと基本的にどこのメーカーでも管理を行います。


独立系は顧客獲得のために安めに見積りを出してくれて価格競争に積極的に仕掛けています。

 

故障したエレベータとリフトを修理できる会社

 

メーカー系は安心で安全、そしてブランド力を売りにしているため値下げ交渉にも応じることは少なく、費用も割高になりやすいです。

 

独立系が出てくるまでは、メーカー系はエレベーター本体を安く売ってメンテナンス契約で開発や製造コストを補うことが基本とされていて、メンテナンス費用にこれが上乗せされていて保守費用が高くなる傾向があります。

独立系だと価格競争力と開発や製造コストなどもかからないためにメンテナンス費用も安いです。